​勾留を阻止し身柄が解放された事例

早期解放で、無事に大学進学

 Wさんはまだ少年でしたが、仲間に誘われて、一緒に窃盗事件を起こしてしまいした。

 当時、大学進学を控えたWさんは高校の期末試験を受けなければ留年してしまう状況でしたが、この件で、逮捕されました。

 そのまま身柄解放がされなければ期末試験を受けられなくなる状況でWさんのご両親から当事務所の弁護士が依頼を受けました。

 当事務所の弁護士がWさんの身柄解放のため、ご両親に身元引受をしてもらい、Wさんの日ごろの行いの良さをアピールする勾留に対するの意見書を提出しました。

 結果、Wさんは勾留されず、少年審判でも不処分となり、期末試験を受けて高校を卒業し、目標だった大学進学をすることができました。

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。